2016年01月25日

アメリカから強制送還された話。その3

こんにちは音譜西小山の女性整体師りまです音譜

アメリカから強制送還された話。

アメリカから強制送還された話。その2

の続きです〜。

アメリカ入国への道は絶たれ、日本に帰ることを余技無くされた私に空港職員が、

「日本への一番早いフライトは明日の11時20分だから。」と告げました。

これから12時間以上も先ですが・・・えっ

入国拒否をされると、アメリカ本土に足を踏み入れることはできません。

つまりは空港で夜を明かすって言うことですね〜。

ひたすら待機している間に色々な書類にサインさせられたり、指の指紋を全部取られたり、マグショットを取られたりと、

まあ犯罪者と同じ扱いですよねガーン

いつの間にか同室にいた他の4人は、母国へのフライトに乗ったのか、別室に移動させられたのか、みんないなくなっていました

ただひたすら暇な時間を過ごしていると、入国審査で一番最初に私の応対をした黒人のお兄ちゃんが申し訳なさげにやってきましたショボーン

兄さん「本当にごめんね、こんな事態になるとは思ってなかったよ・・・。マクドナルドの10ドル分の食事券があるから、なんか買ってきてあげるよ。」

私「別にあなたのせいじゃなから気にしないで・・・。めっちゃブルーだし〜。食欲ないから何もいらないわ〜。(なんでマックやね〜ん、せめてバーガーキングにしてや〜←心の声)」

兄さん「そんな事言わないでビックリマークなんか食べて力つけた方が良いよビックリマーク

と子犬のような目で訴えかけてくるので、

私「じゃあ、ビッグマックとポテトとコーラを頼む。」(結局食べる気満々)

と言う訳で、お兄さんをパシらせてゲットした食料ハンバーガーマックポテトお飲み物で無駄にお腹を満たし、更にぼーっとしていたら、

12時を回ったころに「部屋を移動する。」と職員がやってきました。

まず胴体にチェーンを巻かれ、更には手錠と足錠をかけられた上にそれらを胴体のチェーンに繋げる、と徹底的に拘束されマジか

「ごめんね〜。規則だから移動する時はこうしなきゃいけないの。」と言われました。

私は強制送還されると言っても、不法入国者では無く、書類の不備によるものだったので、基本的にみんな丁寧に扱ってくれましたけろけろけろっぴ

そして人の全く居なくなった暗い空港内を4人の職員に引率されてくてくと移動し、大部屋に案内されました。

そこにはベンチが沢山設置され、総勢50人ほどの不法入国者らしき面々が・・・。

全員手錠をしていて、その手錠がチェーンでベンチの足に繋がれていましたゲゲッ

私もベンチに繋がれかけましたが、職員の一人が、

「彼女は繋がなくて良いわよ。」

と言ってくれたので、緊縛の刑はなんとか免れることが出来ましたよっしゃ

長くなってきたので今日はこの辺で〜続くかも。
*********************************************
腰痛、肩こり、頭痛、骨盤矯正、坐骨神経痛等、様々な症状に対応しています。
目黒線西小山駅徒歩2分↓

西小山カイロプラクティックりま
*********************************************


↓クリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

y3EnA.gif
posted by 西小山カイロりま at 18:58| Comment(0) | 【西小山の整体】日々のこと
http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd type=hiddenbr /_blank% if:blog.ignore_setting.fill_body %容量: