2016年11月27日

英語のお勉強と留学のお話。

こんにちは音譜西小山の女性整体師りまです音譜

先日友人と話をしていた時のこと。

子供の頃から英語を習っていたと言う友人から、

「(私はアメリカ)留学の前に英語とか習ってなかったのはてなマーク

と質問されました。

実は・・・この、

「留学前にどんな英語の勉強をしたか。」と、

「子供にどんな英語教育をしたらいいか。」

の質問はめっちゃよくされるのですよね〜目

私の過去の苦労話と失敗談が、もしかしてどなたかの参考になるかもしれない&私の備忘録も兼ねて、今回は英語のお勉強のお話をしようかと思います。

まず、結論から申しますと、英語を習っていたり特別な勉強は一切していませんでしたえっ

小学5年の時にお遊び的な英語教室に1年位行ってましたが、余りに意味が無かったのでノーカウントということで笑

更には短大は一応英語科でしたが、こちらもアメリカ史とか音声学とかのクラスばかりで余り英語力向上には寄与していないので、ノーカウントで。

という事で、私のアメリカ留学前の英語力は一般の日本人が中高で学んだのと同レベル(受験勉強をサボっていたので語彙力やや低め)と言う状態でした。


外国人がアメリカの大学に進学する場合はTOEFLと言うテストを受け、そのスコアが各大学の設置した基準点を上回ったら入学を認められると言うのが一般的です。

ですので、大学進学を希望する人はTOEFLでの基準点突破を目指して、まずは英語スクールに行くなりして英語力を高めるわけです。

それが、私の場合運が良いのか悪いのか、初めてのテストでいきなり希望大学の基準点を(ギリギリで)超えてしまいました。

これに関しては私の英語力が高かったのではなく、マークシート方式のテストが故の完全なまぐれでした叫び

そん時は深く考えずに「ラッキー音譜」と思って、すんなりと入学手続きを済ませたものでしたが、

後々このまぐれ当たりの結果を後悔することになりました・・・ドクロ

アメリカに行って現地の日本人留学生何人かと話して初めて知ったことは、

普通留学生はいきなり大学に入ったりはせず、

現地の英語スクール的な所で半年〜1年近く(人によってはそれ以上)英語を学んだ後、大学に入学するのが一般的だと言うことでした。

この私の、

「英語スクールに行かないでいきなり大学入学。」と

「知り合いもなんのツテも無いのに単身渡米。」

はアメリカ生活6年の中で出会った沢山の日本人から何度も驚かれました何故

そもそも、私がアメリカに留学したのは現地の大学で学びたかったからで、英語自体を学ぶことには全く興味が無かったので「英語スクール」なんて考えてもいなかったんです。

今振り返ると、英語力が無ければ大学で講義を受けることも大変だと言う当たり前の事実に気付いてなかった当時の私に、

「お前、頭大丈夫か!?

ってゆさゆさしてあげたい気分になりますガクリ

まあ、考え無しで行動が先走ってしまうのは今でも変わらなかったりしますです・・・バカかっ!!

なんか、前置きだけでこんなに長くなってしまったので続きます〜つづく
*********************************************
腰痛、肩こり、頭痛、骨盤矯正、坐骨神経痛等、様々な症状に対応しています。
目黒線西小山駅徒歩2分↓

西小山カイロプラクティックりま
*********************************************


↓クリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

y3EnA.gif
posted by 西小山カイロりま at 18:00| Comment(0) | 【西小山の整体】日々のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd type=hiddenbr /_blank% if:blog.ignore_setting.fill_body %容量: